忍者ブログ

いな

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ソフトバンクの孫社長


頭の中は米国。2014年6月6日の日本経済新聞の朝刊の記事です。タイトルはずがり冒頭に書いた“頭の中は米国”。ソフトバンクは14年3月期、連結営業利益でとうとうあのドコモを抜きました 。一兆円を突破して。ドコモを抜くまではドコモも攻め続けました。iPhoneで、年にして5年。その孫さんの言葉「一度抜いたら二度と抜き返されない、はるか遠くまで行く」。それが記事タイトルにつながるというわけですね。もう国内を見ていない。実はソフトバンクは、ドコモが打ち出した音声通話料金定額制を条件付きで取り入れようとしていたのです。「劣る物は出せない」として、完全定額制を取り入れる方針孫さんは決めたのです。
ソフトバンクは電波が悪いというイメージがずっとありましたが、どんどん改善されていて、今ではむしろ逆に快適になっているのではないですか?^^。ドコモからソフトバンクのiPhoneにした友人も快適に利用しているようですし^^。

ブログで集客増加。検索エンジン対策サービス
Blogでターゲット顧客を集める
固定費 安い 検索対策
成果報酬型SEO
外部被リンク獲得
1位表示 Yahoo検索
サイト 検索コンサルティング
検索で上位表示
低価格で検索対策
正しいSEO
SEO価格
高品質 被リンク
サイトSEO対策
安い業者 検索対策
Yahoo検索 外部被リンク
PR

ピンチはチャンス


ピンチはチャンスとはよく行ったものです。苦難に直面したからこそチャンスを手にした。2014年6月5日の日本経済新聞の朝刊にピンチをチャンスに変えたお話が載っていました^^。“過疎路線 息吹き込む 賢者は逆境を活かす”というタイトルです。埼玉県東秩父村でITをフル活用した地域振興策のお話。人工約3200人。仕掛けたのは中堅バス会社、イーグルバス。どのようにITを活用しているか。乗降口にセンサーを取り付け、どの停留所で何時に何人が乗降するかデータを収集。利用率の悪い時間帯などをあぶり出し、時刻表やルートを頻繁に変える。
結果、県内の赤字路線の利用者が2007年比で6万人増加。この手法を東秩父村に応用するそうです。赤字路線を黒字に転換させたなんてすごいですよね!、それも過疎化が進んでいる地域で。イーグルバスの社長がおっしゃったことなのです。「苦難に直面する地方だからこそ新たな挑戦が出来る」と。まさしくその通り☆^^。

コンテンツSEOと被リンクSEOサービス
コンテンツSEO
検索エンジン集客Blog
検索アルゴリズム対策
企業 検索対策
検索エンジン対策
サイト 上位表示
グーグル 外部アクセス
検索エンジン上位表示
実力のある被リンク業者
被リンクで順位上げる
検索エンジン集客
バックリンク
スモールキーワード対策
SEO 方法

不審なメールには注意


多分・・・2014年6月5日の日本経済新聞の朝刊の記事だと思います・・・^^;。“9割中国への強制接続 サイバー攻撃被害のパソコン 警視庁調査「不審なメール注意を」”という見出しの記事です。政府機関や企業を狙ったサイバー攻撃が、中国にあるサーバに矯正接続されていたというのです。あら、ずいぶん警戒していますね。不審なメールを受信したらすぐに警察に相談してほしいとあります。攻撃は2009年以降30以上の企業や政府機関がサイバー攻撃を受け、少なくとも100台以上のパソコンでウイルスも確認されているそうです。
防衛関連企業のケース。職員のパソコンがウイルスに感染。約40万回中国のサーバやサイトに強制接続。キーボードでどのキーを売ったかという情報を盗み取られた痕跡があったとのこと。攻撃者は事前に社員らが利用しているメール共有サービスに潜入、個人情報を収集し、入手した情報を基に実在する社員を装って標的型メールを送り付けるという手口だそうです。

検索需要あるキーワードで安定1位表示。SEOサービス
検索されているキーワードで1位表示
被リンク業者
検索順位を上げる
企業Webページの上位表示
企業名でBlogを上位表示
URL 上位表示
検索アルゴリズムに対応
検索エンジン最適化
検索順位を上げる
安定1位表示
サイト検索集客サービス
長く1位表示を維持
サービス終了後も外さない被リンク
ユルイキーワードで被リンク対策